部門紹介

薬剤部


薬剤部

当院薬剤部では、正確かつ迅速な調剤を心がける事はもちろんのこと、最新の医薬品情報に基づき、安全かつ最大の効果を得られるよう薬剤の適正使用の推進に努めております。
当院療養病棟の3階フロアでは、透析医療にも力を入れており、慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)への薬剤の使用アプローチ、糖尿病治療教育などの活動の強化をしています。
さらに、働きやすさ・働きがいを感じられる環境作り等を行い、サービス向上のために、頑張っていきたいと思っております。
慢性期の患者さまのサポートができる病院の中において、薬剤師の職能が遺憾なく発揮できるよう努めてまいります。

薬剤部長 長谷川 一雅

薬剤部の業務

当院では院外処方を行っているため、薬剤部は主に入院患者さまの調剤やお薬の管理を行っています。

内服薬調剤

主に定期処方を調剤するうえで、患者さま個別に一包化調剤を行っております。日付や服薬タイミングで複数の薬剤を一袋の中に入れさせていただき、飲み忘れや誤投薬の回避などを行っております。

また、処方に関して、患者さまのデータと照らし合わせてお薬の量や飲み合わせは大丈夫なのか、服用方法はどうかなどをチェックし、お薬の適正使用に努めています。

飲み合わせや副作用など疑問がある場合は、処方した医師に直接確認しお薬の有効性や患者さまの安全性を確保しています。

注射薬調剤

注射薬は、患者さまの状態に合わせて、1日単位で準備しています。
患者さまの取り違えがないよう患者さまごとにラベルを作成し1回分ずつセットして、各病棟へ交付しています。

内服薬と同さまにまたは直接的な作用があるため、患者さまのデータと照らし合わせて、お薬の有効性や患者さまの安全性を確保しています。

医薬品情報管理業務

日々更新される医薬品の情報収集と、院内への医薬品の情報発信を行っています。
また、医師、看護師等からの薬の問い合わせに応じ、効果的な薬物治療に貢献しています。
さらに薬剤部内や院内の勉強会を開催し、薬剤師のスキルアップを図っています。

薬剤管理指導業務

患者さまが使用されているお薬の効果を説明するだけでなく、副作用や他の薬との飲み合わせなどの説明も行っています。

入院されている患者さまに対してはベッドサイドにうかがい、不安なく安全に薬物療法を受けて頂き、退院後も薬の使用が継続できるよう近隣の調剤薬局と協力をし、支援しています。

また、患者さまから得られた情報は各医療スタッフと共有し、よりよい薬物療法を受けられるように活動しています。

お薬について分からないことや不安なこと、ちょっとした疑問点などがありましたら、遠慮なく薬剤師にお声をかけてください。

チーム医療への参画

当薬剤部ではチーム医療にも率先して参加をしていきます。

ICT活動、NST活動、褥瘡対策、リスクマネージメント、透析治療など看護師やコメディカルとともに患者さまを支えていきます。

院外処方せん発行についてのご案内

当院は、院外処方です。「院外処方せん」へのご協力をお願いします。

処方せんの有効期間は、処方せん発行日を含めて4日間です。
必ず4日以内(土・日曜日、祝日も含む)にお薬を受け取ってください。